ゴールデンウィーク期間、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
日頃溜まった“積読本”を、この連休中に思う存分読破しようと考えている方も多いのかもしれませんね。

ブックリスタでは昨年冬に開催したフェアに続き、春の特別フェアとして、BOOKFESTA 2012 spring を開催しております。
今回は、映画やドラマになった小説・コミックの特集です。
現在 実写映画の後篇が公開中の『僕等がいた』や、連続ドラマ化で話題の手塚治虫作品『陽だまりの樹』、5月26日から映画公開予定の『ガール』など、話題の作品を揃えました。

また、BOOKFESTA 2012 spring 開催期間中は、これらの作品が全て半額で購入頂けます。

この機会にぜひ、お楽しみください。

BOOKFESTA 2012 spring は終了いたしました。ご好評いただき、ありがとうございました。またの機会を、お楽しみに。 [5/11 up]

映画公開中

コミック

僕等がいた

小畑友紀

現在実写映画の後篇が公開中。胸キュンシーンの連続で世の女性たちを釘付けにし、累計1200万部を突破した人気コミック。

ドラマ化作品

コミック

孤独のグルメ

久住昌之 (著)、谷口ジロー (画)

深夜ドラマで好評を博し、静かに人気を拡げている “ハードボイルド・グルメマンガ”。主人公・井之頭五郎のモノローグが秀逸。

6/9~映画公開

コミック

ホタルノヒカリ

ひうらさとる

2度にわたり連続ドラマ化され、6月には待望の映画が公開予定の人気コミック。恋愛するより家で寝てたい“干物女”の物語。

ドラマ放送中

コミック

陽だまりの樹

手塚治虫

手塚治虫が自らの曾祖父をモデルとして、幕末~明治維新までの激動の時代を描いた名作。現在連続ドラマが放送中。

映画化作品

コミック

「カイジ」シリーズ

福本伸行

高度な心理戦に手に汗握るギャンブル・コミック。「ざわ…」という、あまりにも有名な音喩は映画でも巧みに再現。

4/28~映画公開

文芸

愛しの座敷わらし

荻原浩

4/28から映画が全国公開する、第139回直木賞候補作。東北の片田舎に引っ越した高橋一家が出会ったのは「座敷わらし」…!?

映画化作品

文芸

姑獲鳥の夏

京極夏彦

2005年に映画化された、京極夏彦の記念すべきデビュー作。「二十箇月もの間子供を身籠っていることができると思うかい?」

映画化作品

文芸

吸血鬼ハンター

菊地秀行

現在も新作が発表されている長編SFの傑作シリーズ。アメリカでアニメ映画化された際は、TM NETWORKが主題歌を担当した。

5/26~映画公開

文芸

ガール

奥田英朗

人気作家、奥田英朗の手によって、働く女子の気持ちが「ありえないほど」描き込まれた短編集。5/26から映画公開予定。

映画化作品

コミック

築地魚河岸三代目

はしもとみつお(画)、大石賢一(原案協力)

2008年に映画化。築地市場を舞台に、仲卸「魚辰」の三代目・旬太郎が美味しい魚を食べまくる。現在も「ビッグコミック」にて連載中。

PAGE TOPへ戻る