BOOK FESTA 2012 Spring

©小畑友紀/小学館

勝手に名シーンランキング

※ クリックして拡大

1位

2位

3位

名台詞

オレらは2人一緒にいられれば十分だろーが(3巻)

忘れなくていい 抱えきれない分は オレが支えるから(9巻)

おやすみ 今晩はいい夢を見てね(11巻)

あらすじ

高校生活の始まり、それは女の子にとって恋の始まり。高1高橋七美(たかはしななみ)、にとってもそれは同じこと…。ナナと同じクラスの矢野元晴(やのもとはる)。女のコの3分の2は必ず恋に落ちるという彼をどちらかというとキライな彼女は!?

booklistaオススメポイント

胸キュンシーンの連続で世の女性たちを釘付けにし、累計1200万部を突破した人気コミック。高1にして既に大きなトラウマを抱える矢野と、彼を精一杯想い続ける七美の、10年に渡る一途な恋の物語です。男性も面白く読める少女マンガとしても評判が高いとか。主人公の2人はともかくとして、竹内くんにはぜひ幸せになってもらいたいものです。

映画情報

© 2012「僕等がいた」製作委員会

作品名: 僕等がいた 
公開日:  3月17日 前篇、4月21日 後篇 2部作連続ロードショー
監督: 三木孝浩 主演: 生田斗真 吉高由里子

公式サイト: http://bokura-movie.com/

累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。主演は生田斗真と吉高由里子。「ソラニン」の三木孝浩監督がメガホンをとる。クラスの3分の2の女子が一度は好きになる、非の打ちどころのない男子高校生・矢野は、過去に恋人を交通事故で失い心を閉ざしていた。しかし、明るく前向きで無邪気な七美の存在が次第に矢野の心を開かせていく。やがて2人はさまざま葛藤(かっとう)を乗り越えて恋を実らせるが……。共演に高岡蒼甫、本仮屋ユイカ。

僕等がいた(1)

僕等がいた(2)

僕等がいた(3)

僕等がいた(4)

僕等がいた(5)

僕等がいた(6)

僕等がいた(7)

僕等がいた(8)

僕等がいた(9)

僕等がいた(10)

僕等がいた(11)

僕等がいた(12)

PAGE TOPへ戻る