社員の声[データアナリスト]

データアナリストとして
ビジネスに貢献しているという達成感が得られ、
やりがいを感じられると思います。

データアナリスト
滝澤 俊哉さん (2015年4月入社)

──現在担当している仕事を教えてください。

電子書籍ストアの企画・運営業務を行っているデジタルマーケティング部にて、データアナリストを担当しています。施策を考えるビジネスサイド、開発をするシステムサイドと連携し、各ストアのデータ収集や改善提案、新機能の分析、仮説検証などをフィードバックして、次の施策や開発へ繋げるためのサポートを担っています。

──ブックリスタへは、エンジニアとして入社されたとお聞きしました。

はい。前職ではBtoBのプロダクトを開発するシステムエンジニアとして仕事をしていましたが、よりエンドユーザーに近いプロダクトに携わりたいと思い、ブックリスタに入社しました。入社後は取次システムの開発からストアの開発まで、様々なプロダクトに多く携わることができました。その中で、ストアの価値を高めていく為の企画・運営のサポートやアドバイスをしていく仕事に興味が出てきました。機械学習・AIなどのデータサイエンティストの知識を身につけていたそのタイミングで、データ分析のチームを立ち上げることとなり、2020年4月からは、データアナリスト専任で仕事をしています。

──現在はどのように働いていますか?

基本的には家でリモートワークをしています。ブックリスタは、働く場所の自由度が高い為、元々リモートが多かったのですが、最近はより在宅での仕事がしやすいような環境作りをしています。家全体の居心地も良くしようと、ちょっと良い家電も買いました(笑)

また、関係各所とのやり取りが多い為、コミュニケーションの仕方も考えるようになりました。オンラインの際、文字のみの意思疎通は、ニュアンスの伝わり難さを感じていて、案件が進んでから齟齬に気づくこともありました。現在は、分からない、伝わらないと感じた時は、間を置かず、すぐにメンバーと会話をするようにしています。リモートだと「ちょっと確認したい」と声をかけることに躊躇してしまいがちなので、意識的に話をするよう心掛けています。

──ブックリスタの魅力は何だと思いますか?

施策や開発のメンバーとの距離は、とても近いと感じます。部署は分かれていますが、横との連携のしやすさや、気軽にコミュニケーションが取れる環境は、ブックリスタの魅力のひとつですね。データアナリストとして、ちゃんとビジネスに貢献しているという達成感が得られ、やりがいを感じられると思います。

──仕事をしていく上で、大切にしていることは何ですか?

チームのメンバーは、個人のスキル向上や活躍だけに留まらず、チームで技術を共有し、みんなで高めていこうとしています。その為、チームの環境や雰囲気を整えて、一体感を持って仕事をしていくことを大切にしています。

具体的には、分析したことで得られた成果、想定と異なる事案などの共有会をしています。進捗共有は都度行いますが、振り返りも重要です。新しくチームに入られた方へも、蓄えた知見を共有すれば、仕事にも入りやすく、即戦力やスキルアップにも繋がると考えています。

──ブックリスタへ応募しようと思っている方へ、メッセージをお願いします。

私たちデータアナリストのチームは、ビジネスへ貢献できる方を求めています。データ分析や機械学習、AIに関する技術の習得に意欲があり、新しい技術のアップデートと共に、その技術をどうビジネスに適用できるかを一緒に考えられる方だと嬉しいです。個人としても、チームとしても成長していこうと考えてくださる方、ぜひ応募お待ちしています!

──ありがとうございました!

ブックリスタの求人
を見る

※現在の募集状況は[募集要項]をご覧ください。