小説家という職業武術と医術電線一本で世界を救う映画監督という生き様百歳の力「闇学」入門上司は思いつきでものを言う部長、その恋愛はセクハラです!妻と別れたい男たちわるいやつら「裏声」のエロスGANTZなSF映画論悪魔のささやき教えない教え江戸っ子の意地「オバサン」はなぜ嫌われるか「世逃げ」のすすめ今日よりよい明日はないいい人ぶらずに生きてみよう踊りませんか?チーズの悦楽十二カ月銀行 儲かってます!その未来はどうなの?挑戦する脳二畳で豊かに住む人生はうしろ向きに老化は治せる荒木飛呂彦の超偏愛!映画の掟新・ムラ論TOKYO日本の食材 おいしい旅ふしぎなキリスト教ふしぎな国道科学する麻雀絶望の裁判所ヌードと愛国カフェと日本人不機嫌な職場SFを実現する部長の資格ウルトラマンが泣いているラノベのなかの現代日本オリーブの罠ヒゲの日本近現代史モテたい理由非社交的社交性妻との修復時刻表ひとり旅現実脱出論動物化するポストモダン漢字はすごい!ロックの歴史わかりあえないことからビートルズの謎働く。なぜ?落語論デジタル・ワビサビのすすめ「空気」と「世間」関係する女 所有する男いつだって大変な時代親子という病プライドが高くて迷惑な人東大卒プロゲーマー飛行機の操縦なぜ宇宙人は地球に来ない?ハッカーの手口植物は人類最強の相棒であるみっともない老い方ウェブとはすなわち現実世界の未来図である火山はすごい源静香は野比のび太と結婚するしかなかったのかとなりの闇社会ああ、自己嫌悪おやじ論世界カワイイ革命お見合い1勝99敗サツマイモと日本人オッサンになる人、ならない人若者の取扱説明書女子校力戦後民主主義と少女漫画「女の勘」はなぜ鋭いのか総理の辞め方棒を振る人生読まない力どうせ死ぬのになぜ生きるのか死後のプロデュース男なら、ひとり旅。野茂英雄相続はふつうの家庭が一番もめるなぜ風が吹くと電車は止まるのか論より詭弁テキヤはどこからやってくるのか?就活のコノヤロー実は悲惨な公務員ウチのシステムはなぜ使えないマハーバーラタサンデーとマガジン旨い定食 途中下車犬は「びよ」と鳴いていた馬を走らせるひとつとなりの山男は邪魔!バカ丁寧化する日本語さおだけ屋はなぜ潰れないのか?昆虫はすごい女子高生の裏社会私の教え子ベストナイン打ち合わせの天才鉄道地図は謎だらけ怪文書鳥居貧乏するにも程がある「みんな」のバカ!図解仕事人訓読みのはなしヤンキー進化論合コンの社会学オニババ化する女たちやせる!野比家の借金聞く力臆病者のための億万長者入門ねこの秘密無名の人生寝ながら学べる構造主義さよなら!僕らのソニー四次元時計は狂わない新日本プロレス12人の怪人迷わない。ラブホテル進化論ネジと人工衛星つい話したくなる 世界のなぞなぞブラック企業100歳までボケない101の方法面接力犬と話をつけるには不幸になりたがる人たち私たちも不登校だったイタリア人と日本人、どっちがバカ?夫に読ませたくない相続の教科書冠婚葬祭でモメる100の理由坐ればわかる女が嫌いな女熟年恋愛講座ちょいデキ!牡蠣礼讃ビブリオバトル教育をぶっとばせ劇団四季メソッド「美しい日本語の話し方」現代中国悪女列伝日本人の英語哲学の使い方エピジェネティクス医学探偵の歴史事件簿かつお節と日本人神、この人間的なものシナリオ人生仕事道楽 新版 スタジオジブリの現場信長の城ものの言いかた西東ラジオのこちら側で女の一生面白い本もっと面白い本なつかしい時間キノコの教え辞書の仕事サイバー時代の戦争〈運ぶヒト〉の人類学地球外生命 われわれは孤独か宇宙から学ぶ ユニバソロジのすすめ旬の魚はなぜうまい先生!テレビの日本語だます心 だまされる心悪役レスラーは笑う逆システム学怒りの方法森の紳士録職人

新書って、もっと面白い。

「新書」とは、実は本のサイズの呼び方です。縦173mm×横105mmの中に、多様な考えや想いが詰め込まれています。電子書籍になっても、その面白さは同じ。「こんなテーマで丸々1冊!?」とつい二度見するような超ニッチな情報から、世間を賑わせるニュースに関する鋭く深い考察、仕事や生活に役立てられる便利な知識など、あらゆる角度からあなたの知的好奇心を刺激します。テレビのチャンネルを変えるように、ピンとくるタイトルを探して気軽にザッピングしてみていただければ。

参加新書レーベル

特別企画

booklista × omocoro

「カナブンは○○が9割」?「仕込み刀の人は何故○○を飲まないのか」?
毎日更新のお笑いメディア「オモコロ」では、ランダムに選ばれた二つの単語を 組み合わせて「引きのある新書タイトルを作る」という実験を行いました。偶然 の力を利用して、書店で見かけたら思わず手にとってしまうような斬新なタイト ルは果たして誕生するのでしょうか?さらに、そのタイトルを本物の編集者に見 せてどれが売れそうかも聞いてきました。

booklista × ダ・ヴィンチニュース

小説やマンガは読むけど、新書はあまり読まないなあ……そんな本好きも多いのでは? しかし本の楽しみは「物語」だけではない。新書で新たな知識や視点を得ることは、物語に勝るとも劣らないスリリングな読書体験。とくに電子書籍なら、気になるテーマの新書を、気になったその場でダウンロードして読むことができる。まずはダ・ヴィンチニュースのおすすめ新書から、あなたの好奇心のアンテナに引っかかるものを探してみては?

booklista × マイナビニュース

一冊まるごと「国道」について書かれた新書があると聞いたら、驚くだろうか。 『ふしぎな国道』は、国道マニアであるサイエンスライターの佐藤健太郎氏が、 国道のおもしろさと国道マニアの世界を紹介している1冊だ。新書とともに電子 書籍版も販売されている本書に魅力について、今回は著者の佐藤健太郎氏にうかがった。

このページがお気に召したら