社長インタビュー

まさにワンチームによる総力戦。
「エンタメ×テック(知的好奇心×感動体験)の推進」
社員の熱量で、ここからさらに加速させていきます。

代表取締役社長
村田 茂

──これまでの社長のキャリアを教えてください。

私のキャリアは出版社(CBS・ソニー出版社:現ソニー・ミュージックエンタテインメント社のグループ会社)からスタートして、新卒で入社し、長く編集者をしていました。書籍やコミックをたくさん作って来ましたが、特に雑誌の編集歴が長いですね。雑誌というメディアは、0から1の構築ではなく「1を大きくすること」で、世の中の役に立つ新しい形での情報提供、トレンドに対して独自の意見を出していく展開、言い換えるなら情報提供者と社会を繋ぐことを行なってきました。他にも、”ソニープラザ”や”ヴァージン・メガストアーズ”などのフリーペーパー(店頭雑誌)を制作していました。業界のビジネス構造の理解を深めて、新しいビジネスの仕組みを作ることも好きでした。

その後、ソニー・ミュージックエンタテイメントグループの中で、放送事業やイベント事業などさまざまなエンタメに携わってきました。なので、商材として得意としているのは、やはりエンタメですね。メディアの「1を大きくすること」だけではなく、究極的には「0から1の創造」です。

「0から1の創造」「1を大きくすること」、このふたつの組み合わせが、エンタメビジネスの基本です。その象徴となるソニー・ミュージックエンタテインメント社側で担当している直近のビジネスとしては、小説&イラスト投稿サイト「monogatary.com」のプロジェクトから誕生した音楽ユニット・YOASOBIです。小説を音楽・映像化する新しい取り組みが大ヒットし、今では原作小説の書籍化や映像化など、幅広い展開をしています。当社でも、この組み合わせの別の形として、ECの知見を活かした事業ができると思っています。ちなみに「monogatary.com」の開発は、当社がサポートしているんですよ。

──「Reader Store」と「auブックパス」の運営企業は株主でもありますが、どのような関係でしょうか。

受託ではなく、あくまでパートナーです。システム構築から、販促の企画、ASPサービスの運用など、あらゆる面において株主と一緒に行っていて、非常に良い関係ですね。

「Reader Store」を運営するソニー・ミュージックエンタテインメント社は、エンタメのコンテンツが豊富で、さらにソニーグループには最先端のテクノロジーも整っています、また、「auブックパス」を運営するKDDI社は通信キャリアですから、スマホやネットに関するテクノロジーはもちろん、インフラもアセットもたくさん持っています。株主の良いところを最大限に活用させてもらえば、もっと面白いことができるでしょう。新しい技術やトレンドにアンテナを張り、それを取り込んで、エンジニアリングの腕を上げていく。当社のエンジニアには、そういう姿勢を求めています。

──ビジョンと取り組みを教えてください。

昨年度の方針は「エンタメ×テック」。ストーリーは「システムの内製化」→「収益性の高い新規事業へのトライ」(目指すは、会社の未来を支える新しい柱の構築)でした。

今年度は引き続き「エンタメ×テックの推進」に加え、「既存事業の収益性の改善=商人(あきんど)テック」「コンテンツ軸の戦略導入」。そして、これらすべての「加速」です。

開発については、ウォーターホール型の一発勝負ではなく、アジャイル×ウーダループで検証を重ねて解を導き出す方法を採用しています。これは採用活動にもいえることで、検証に検証を重ねながらノウハウを作り上げていくことで、経営にとって最重要である人事基盤を強化することができました。

また、本格的に投資を始めています。「エンタメ×テック」を駆使することで、知的好奇心をワクワクした体験価値に増幅、転換し、新しい感動を創造する。ユーザーはもちろん、クリエイターやエンタメ業界に対して歓迎されて、還元出来る仕組みが作れたら素敵だなと思います。

実現のために、メンバーの各々がプロフェッショナルとしてミッションを遂行しています。そのプロセスにおいて、会社愛を感じることが本当に嬉しいですね。まさにワンチームによる総力戦、レボリューションの始まりです。

──具体的な取り組みについて、教えてください。

既存のストア事業の内製化はかなり進んでいますが、新規事業はマネタイズフェーズに向けてさらなる加速、そして今期は、コンテンツ事業にも着手しています。この3つのアクションは連動していてシナジーの期待もあります。

新規事業は、既存の枠にとらわれない事業として、ユーザー目線を意識した新しい価値の創出を行なっています。現在公開している推し活アプリ「Oshibana」は、リリース当初よりユーザーの反応がとても良く、MVP段階ではありますが、アプリランキングの上位に入りご好評をいただいています。ブラッシュアップの日々です。もちろん、第2弾、第3弾…の企画も検討中です。

コンテンツ事業は、タテ読みコミックの自社レーベルを立ち上げ、今後、各ストアで良質なコンテンツをたくさん提供し、メディアミックスを含めた様々な展開を予定しています。さらに、ストア事業・新規事業・コンテンツ事業にカスタム対応したSNS軸のマーケティングも強化していきます。

──メンバーに対する想い、入社される方への期待を教えてください。

当社は、メンバーが自ら積極的に動き、パフォーマンスやクオリティを高めていくワークスタイルで、それを会社として、部門として、最大限バックアップしています。入社される方にも、自社の事業を創造し、育成していくことにモチベーションを持って取り組んでいただきたいと思います。

また、当社の行動指針である「自由を楽しもう」「挑戦を楽しもう」「違うことを楽しもう」「責任を楽しもう」「お客さまと楽しもう」に共感し、前向きに行動していただけたら嬉しいです。

当社の方針に共感していただける方のご応募、ぜひお待ちしています。

代表取締役社長 村田 茂

1990年、株式会社CBS・ソニー出版入社。音楽誌、コミック、単行本などの編集を経て、『デジモノステーション』を創刊、編集長となる。2007年に株式会社ソニー・マガジンズの代表取締役に就任。その後、統合先である株式会社エムオン・エンタテインメントの代表取締役を経て、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント デジタルコンテンツ本部の本部長に就任(現職)。2016年に株式会社ブックリスタの取締役に。2020年4月1日より、同社の代表取締役社長に就任し、現在に至る。