社長インタビュー

タテ読みコミック、推し活支援アプリ、UGC×コミュニケーション、NFT…

エンタメ×テックの領域を拡大させ、事業シナジーを活性化することで、全事業のグロースを加速させます。
代表取締役社長
村田 茂

──これまでの社長のキャリアを教えてください。

私のキャリアは出版社(CBS・ソニー出版社:現ソニー・ミュージックエンタテインメント社のグループ会社)からスタートして、新卒で入社し、長く編集者をしていました。書籍やコミックをたくさん作って来ましたが、特に雑誌の編集歴が長いですね。雑誌というメディアは、0から1の構築ではなく「1を大きくすること」で、世の中の役に立つ新しい形での情報提供、トレンドに対して独自の意見を出していく展開、言い換えるなら情報提供者と社会を繋ぐことを行なってきました。他にも、”ソニープラザ”や”ヴァージン・メガストアーズ”などのフリーペーパー(店頭雑誌)を制作していました。業界のビジネス構造の理解を深めて、新しいビジネスの仕組みを作ることも好きでした。

その後、ソニー・ミュージックエンタテイメントグループの中で、放送事業やイベント事業などさまざまなエンタメに携わってきました。なので、商材として得意としているのは、やはりエンタメですね。メディアの「1を大きくすること」だけではなく、究極的には「0から1の創造」です。

「0から1の創造」「1を大きくすること」、このふたつの組み合わせが、エンタメビジネスの基本です。その象徴となるソニー・ミュージックエンタテインメント社側で担当しているビジネスとしては、小説&イラストUGCサイト「monogatary.com」です。このプロジェクトから誕生したのがYOASOBIになりますが、小説を音楽にする新しい取り組みがヒットし、今では原作小説のコミカライズ、音声ドラマ化、映像化など、幅広い展開をしています。当社でも、この組み合わせの別の形として、ECの知見を活かした事業ができると思っています。ちなみに「monogatary.com」の開発は、当社がサポートしているんですよ。

──「Reader Store」と「auブックパス」の運営企業は株主でもありますが、どのような関係でしょうか。

受託ではなく、あくまでパートナーです。システム構築から、販促の企画、ASPサービスの運用など、あらゆる面において株主と一緒に行っていて、非常に良い関係ですね。

「Reader Store」を運営するソニー・ミュージックエンタテインメント社は、エンタメのコンテンツが豊富で、さらにソニーグループには最先端のテクノロジーも整っています、また、「auブックパス」を運営するKDDI社は通信キャリアですから、スマホやネットに関するテクノロジーはもちろん、インフラもアセットもたくさん持っています。株主の良いところを最大限に活用させてもらえば、もっと面白いことができるでしょう。新しい技術やトレンドにアンテナを張り、それを取り込んで、エンジニアリングの腕を上げていく。当社のエンジニアには、そういう姿勢を求めています。

──今年度のビジョンについて教えてください。

内製化がほぼ完了しました。デジタルマーケティング、各種分析、CRM強化による電子書籍ストアの利益拡大と利益率改善を推進、自社開発ソリューションのライセンス提供拡大、新規事業のマネタイズ開始。内製化は品質、速度、コスト、そしてモチベーション高揚という効果を生んでいます。

エンタメ×テック戦略開始からエンジニアを50人以上採用し爆走して来ましたが、3年目は、会社の基本機能強化を進めます。オリジナルコンテンツのリリースもはじまり、クリエイター、海外、特許など権利や商慣習の理解を求められます。世の中全体のDX化への対応も不可避ですし、ウィズコロナ、アフターコロナ下でのアウトプットを高めるワークスタイルの最適化も必要です。これまでのビジネスサポートの全てが、むしろビジネスを左右する戦略的中枢になっています。全社ワンチームで推進あるのみです。

事業戦略としては、基幹事業である電子書籍事業はマーケットも活況ですので、新しく着手したコンテンツ戦略も絡めて、総合力でしっかり成長させて行くことと、やはり収益性の構造的改善がテーマです。新規事業については、クリエイターエコノミーの流れをキャッチし、クリエイター支援と、さらにクリエイターを支える推しの支援を軸にした新規サービスを展開して行きます。

NFT、メタバース、AIといった注目のテックについては、R&D的な意味でもブックリスタらしいテック×エンタメとして捉えて、アイデア道場的に取り込んで行きたいと考えています。今期のビジョンは、引き続き「エンタメ×テックの推進、加速」ですが、とはいえ、「クオリティにはこだわりたい」と思っています。吉野家さんは、早い、安い、美味いを売りにされていますが、一番大事なことは、美味い、なんですよね。エンタテインメントとテクノロジー。どちらもセンスを問われます。ダサいことはやりたくない、ですね。

──具体的な取り組みについて教えてください。

昨年9月に、推し活支援アプリ「Oshibana」をリリースしました。開発はアジャイルでMVPスタイルを採っていますので、ユーザーのみなさんから機能についてのご意見をいただいている段階になります。が、App Storeのカテゴリーチャートで3位になり(2022年3月31日時点)、アプリ評価も4.8、ユーザー作成コンテンツは累計70万を超えていますので(2022年4月30日時点)、社内リソースを集中し機能のアップデートを加速させています。

また、今春には新規事業第2弾のMVPリリースを予定しています。こちらは前述しましたクリエイターエコノミー・サービスになります。PDM、ビジネスプランナー、UI、UXデザイナーなどを募集していますが、採用を進めながら、更なる新規事業開発に着手していきます。

コンテンツ事業については、2月に、オリジナルのタテ読みコミック7タイトルをリリースし、同時に「booklistaSTUDIO」というレーベルを立ち上げました。現在、数十タイトルの作品に着手していますので、今夏には、たくさんの作品を読者のみなさんにお届け出来ると思います。目標は、タテ読みコミックの日本初のヒット創出です。映像化出来るような作品を目指し鋭意制作中です。

並行して、タテ読みコミックに最適化したストア機能、エンタメ感を高められる全く新しい演出に繋がる仕掛けなどの開発を進めて行きます。他にも、NFTの模索、AI音声の実用化、動画系SNSプロモーションの強化などエンタメ×テックの領域を拡大させ、事業シナジーを視野に全事業のパワーアップに繋げて行きます。新しい感動が誕生する予感がします。

──メンバーに対する想い、入社される方への期待を教えてください。

当社は、メンバーが自ら積極的に動き、パフォーマンスやクオリティを高めていくワークスタイルで、それを会社として、部門として、最大限バックアップしています。入社される方にも、自社の事業を創造し、育成していくことにモチベーションを持って取り組んでいただきたいと思います。

また、当社の行動指針である「自由を楽しもう」「挑戦を楽しもう」「違うことを楽しもう」「責任を楽しもう」「お客さまと楽しもう」に共感し、前向きに行動していただけたら嬉しいです。

当社の方針に共感していただける方のご応募、ぜひお待ちしています。

代表取締役社長 村田 茂

1990年、株式会社CBS・ソニー出版入社。音楽誌、コミック、単行本などの編集を経て、『デジモノステーション』を創刊、編集長となる。2007年に株式会社ソニー・マガジンズの代表取締役に就任。その後、統合先である株式会社エムオン・エンタテインメントの代表取締役を経て、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント デジタルコンテンツ本部の本部長に就任(現職)。2016年に株式会社ブックリスタの取締役に。2020年4月1日より、同社の代表取締役社長に就任し、現在に至る。