社員の声[システムエンジニア]

システム開発の内製化によって、
さらに前向きな構想を描きたい。

プロダクト開発部
Reader Storeプロジェクトマネージャー

葉山 健介さん (2018年7月入社)

──現在担当している仕事を教えて下さい。

電子書籍ストア『Reader Store』のプロジェクトマネージャーを担当しています。企画や運営など各部門から出てくる要望や、ユーザーの声からくみ上げた改善点などからサービスの将来を考え、実現に向けてシステム面から支えています。

──前職では何をしていましたか? また、ブックリスタに入社しようと思った理由は何ですか?

前職はSIerで自社サービスの立ち上げに携わっていました。サービスの仕様策定、システムアーキテクチャの決定や開発規約の策定、当時はまだ広まる前だったSPAなどの技術検証に加えて、新規営業、サポート窓口の立ち上げまで、開発面でのマネジメントだけではなくビジネス上で必要となるすべてに関与していました。

前職でも大きな仕事を任せられている自覚はあったのですが、全て自分でやらなければならなくてとても忙しく、場合によってはさらに他の案件も掛け持ちしなければならないこともあり、もう少しじっくりプロダクトに取り組みたいと、新しい環境を探しはじめました。

──働いてみてどうですか? ブックリスタの魅力とは何でしょうか?

実は(前職では何から何まで自分で対応していたので)ずっと一つのプロジェクトに関わるだけだと飽きてしまわないかな? という不安がありましたが、ブックリスタのプロダクト開発部は、単なるシステム担当というだけではなく、サービス内容の提案や決定にまで踏み込んでいるため、意外といろんな面から仕事に取り組むことができ、今は杞憂だったなと思っています。

ミーティングの有無によって出社とリモートを使い分けるなど、勤務時間にも融通が利くようになりましたし、入社当初からいろいろなことを任せてもらえたので、信頼されているという実感を得ることもできました。希望の叶う転職になったと思います。

──現在、システム開発の内製化を進めていることについて、どうお考えですか?

既に採用は少しずつ進んでいますが、様々な知識や経験を持つ人に集まっていただきながら、新しいチームとエンジニア文化を作っていく過程は純粋に楽しいです。

自画自賛にはなってしまいますが、私が前職で立ち上げたサービスは、改修に際しても対応力が高く、改善リリースが毎週できるような環境でした。それと比較すると、現在はまだスピード感が足りないと思う部分があります。新しいチームができることによって、今あるシステム的な負債が払拭され、より良いサービスをより早く提供するといった前向きな構想を描けるようになると思うと、とてもワクワクしますね。

──最後に、ブックリスタへ応募しようと思っている方へメッセージをお願いします。

私たちマネージャーは、「メンバーを尊重して、任せる」ことを大切にしています。課題や案件の対応では、既存のものにとらわれず、本質を考えての議論や提案を求めていますので、高い視点と広い視野を持ってプロジェクトに関わるエンジニアとしての経験値を積んでください。新しい提案が受け入れられやすいフランクな社風なので、自らの考えを発信して、積極的に案件を引っ張っていけるようになっていただきたいですね。

──ありがとうございました!

ブックリスタの求人
を見る

※現在の募集状況は[募集要項]をご覧ください。