社員の声[新規事業開発室]

何かを生み出している人達や
原石のような人達を応援する
新しい仕組みを作りたい。

新規事業開発室
ビジネスプランニングマネージャー

本澤 友行さん (2020年11月入社)

──現在担当している仕事を教えて下さい。

新規事業開発室のプランナーを担当しています。社長直下の部署で、社長と一緒に新規事業をプランニングしています。まだ入社して間もないですが、既にいくつか動かし始めています。

──ブックリスタに入社しようと思った理由はなんですか?

前職では、日本最大級のCGM(Consumer Generated Media)の会社の新規事業を担当していました。テキストと画像のUGC(User Generated Contents)を動画化しアプリを作って、流通や小売店を支援する新規サービスを立ち上げ、全国の店舗に導入いただくことができました。今回も新規事業の求人を探していて、面接の時から、自身で作成した資料とともにお話していました。色々なコンテンツの会社へ面接に行きましたが、ブックリスタで一番可能性を感じたことが、入社を決めた理由のひとつです。

──入社前から、新規事業に対する強い思いがあったのでしょうか。

はい、課題を解決する解釈や仕組みを考えることが好きなんです。学生の頃は演劇を作っていたり、コンサル会社では政府・自治体の条例や五か年計画を策定したりしました。また、「遊べる本屋」からスタートして音楽やアパレルも取り扱う小売の会社では、事業計画やECの新規事業、新商品開発を担当していました。どの時も常に、広い意味でのクリエイター・作家・作り手等が活躍しやすい仕組みづくりをしたい、というのが私の根底にあります。

──ブックリスタは電子書籍を中心としたエンタメ×テックカンパニーを掲げていますが、その中でも新しい仕組みを作りたいと思ったのですね。

そうですね。小学校に入るまで悪性リンパ腫で入退院を繰り返していたことがあって、歩けないし食事ができなかった為、楽しみというと絵本や図鑑を読んだり、アニメや特撮を観ることでした。図鑑の端から端までの怪獣の名前を全部覚えたりとか(笑)そのこともあって、今でも純文学、特に明治期の小説やネットを中心とした漫画、有形無形のサブカル全般には感謝していて、とても好きです。大学も図書館で決めましたし、アルバイトも古本屋や製本工場で働いていました。政策の仕事をしていた時は、全国の出張先で時間を見つけて美術館や博物館、図書館にもよく行きました。様々な経験を通して、やっぱり「読む/詠む」という体験価値を主軸に、本やコンテンツに関わる仕組み作りをしたいと思い始めました。

──実際に入社し、働いてみていかがですか?

本が好き、漫画が好きな人が多いという印象です。また、お金が稼げればOK、ユーザーを獲得できればなんでもよい、ということではなく、本や漫画、エンタメが好きでこの本を紹介したいな、こういう機能があったらいいなを作りたい、と考えている会社ですね。その理念がある為、居心地が良いですし、安心感があります。

──ブックリスタでこれからどんなことをしたいですか?

何かを生み出している人達や、原石のような人達を応援する新しい仕組みを立ち上げます。ブックリスタは、親会社のソニー・ミュージックエンタテインメントやKDDIという音楽やエンタメ、技術などの横の繋がりも多く、事業の幅も大きく広がると思っています。利用者と作り手、両者に対して欲求を満たし課題を解決するサービスを作っていきたいです。

──ブックリスタへ応募しようと思っている方へ、メッセージをお願いします。

現在、新規事業開発のUI/UXデザイナーを募集しています。ユーザー体験、デザインが最も大切な要素のひとつだと思っています。”ユーザー中心”にサービスを考えたいと思っている方、ユーザーの欲求と課題にフォーカスしたい方を求めています。デザインスプリント、ユーザーインタビューを繰り返し、一緒に0からプロダクトを作っていきませんか? ブックリスタは、働く場所の自由度が高い為、自分にあった働き方ができると思いますし、ツール、手法に関しても必要なものは積極的に試せる環境にあります。気になった方は、ぜひ応募お待ちしています。

──ありがとうございました!

ブックリスタの求人
を見る

※現在の募集状況は[募集要項]をご覧ください。