社員の声[システムエンジニア]

B to Cビジネスの醍醐味は
ユーザーの喜びの声が聞けることです。

プロダクト開発部 グループマネージャー
加治 孝洋さん (2017年2月入社)

──現在担当している仕事を教えて下さい。

プロダクト開発部のグループマネージャーとして、電子書籍ストア『ブックパス』のシステムを作るプロジェクトマネージャーを担当しています。運営会社(KDDI株式会社)の意向は受け止めつつも、多くのエンドユーザーの声をもとにストアを改善していくB to C業務であることを大切にしています。

──ブックリスタに入社しようと思った理由は何ですか?

僕が転職をした理由は、クライアントが望むものを作るのではなく、ユーザーと自分たちが良いと思えるプロダクトを主体的に作りたい、B to Cサービスに関わりたい、と思ったからです。僕は本が好きなので、本に関わることの出来る仕事というのも、ブックリスタの大きな魅力でしたね。

──前職では何をしていましたか?

SIerにいました。クライアントのシステム導入のグランドデザインから要件定義、設計、開発、テスト、保守・運用と、上流から下流まで全フェーズを経験しました。業務分析、クライアントとのコミュニケーション、開発チームのマネジメント、プログラミングなど、システムに関わる様々な役割で働いています。エンジニアとしてはOracleでのSQL、バッチ周りの設計開発が主です。Web系のことには関わっていませんでした。

──働いてみていかがですか? ブックリスタの魅力とは何でしょうか?

システム開発担当と言っても、専門分野で手を動かすだけではなく、サービスの成長を見越し、ストアの企画から関わることも出来るので、思った以上に広い視野で仕事に取り組むことができます。

SNS等を通じてリリースに対するユーザーの反応を感じられるのは、B to Cの仕事をしたかった僕にはとても良いやりがいになっています。システム会社とは違い、出版社とやりとりをする営業や、キャンペーンを考える編成が同じ会社にいるので、いろいろな視点の人とサービスを多角的に見られるのも面白いです。そして期待通りだったのですが、本やマンガの話を真剣に出来る人が社内に多くてとても嬉しいです。

──ブックリスタの環境はどうですか?

僕はクラシックを聴くのが好きなのですが、コンサートに行く日は少し早めに仕事を終われるように、数日前から仕事量を調節して絶対に開演時間に間に合うようにしています! こういった、自分の生活も大切にしながら働けることも、転職して良かった点です。

──現在、システム開発の内製化を進めていることについて、どう考えていますか?

私のチームでは内製化はこれからですが、別チームに参加したエンジニアと話をしてみて、これまでブックリスタでできていなかった技術的チャレンジが始められる感触を持っています。
せっかくイチからチームを作るので、新規技術や開発プロセスのトレンドはどんどん取り入れて、スピーディーに継続的に、品質の高いリリースが続けられるようにしていきたいです。新しい仲間がもたらす新しい考え方、やり方、技術で、良いチームを作っていきたいです。

──チームをけん引するGM(グループマネージャー)に大切なこととは何でしょうか?

最近エンジニアチームのマネジメントを拝命したのですが、私自身は開発現場を離れて時間が経っています。メンバーの方が私よりも開発経験豊富なので、いかにメンバーの力を引き出すかにこだわっていきたいです。現場の主役は私ではなく、メンバーです。
開発現場の回し方をどうしていきたいかはメンバーたちに考えてもらって、それを実現するための筋道をつけ、課題を取り除くのがマネジメントの仕事です。エンジニアが自発的に考えて、楽しく開発ができるようなカルチャーが作られるようにサポートしていきます。

──最後に、ブックリスタへ応募しようと思っている方へメッセージをお願いします。

開発チームの立ち上げから参画していただくことになるため、メンバーにはフルスタックのあらゆる仕事が求められます。ご自身の今できることを軸に、Web技術全体に経験領域を広げていくチャンスになると思います。R&D活動も部として推進しているので、すぐにはビジネスに結びつかない技術にも取り組んで、ゆくゆくはストアで活かしてもらいたいです。

──ありがとうございました!

ブックリスタの求人
を見る

※現在の募集状況は[募集要項]をご覧ください。