メンバーの声

“挑戦する”ということを前向きに捉えてくれて、
手厚くサポートをしてくれる環境があります。

システムエンジニア
伊藤 沙紀さん (2020年11月入社)

──現在担当している仕事を教えてください。

電子書籍ストア「auブックパス」の開発チームで、ストア画面の改善や、商品登録システムの改修を担当しています。

──ブックリスタに入社しようと思った理由は何ですか?

前職では、中小企業向けのシステム開発など、B to Bの受託案件を中心にエンジニアとして働いていました。転職は、お客様に向けた大規模なシステムづくりを行ってみたい、と思い始めたのがきっかけです。また、エンジニアとして意見交換ができ、意思疎通が通りやすい環境を探していました。そのタイミングで、ブックリスタの求人を見つけて応募しました。

面接では内製化に向けて動いていることをお聞きし、今まで触れてこなかった色々なことに着手する機会が増えそう、ということにとても魅力を感じました。自分の仕事の領域を増やしたい気持ちも強かった為、ブックリスタに入社を決めました。

──実際に入社し、働いてみていかがですか?

私が入社した時は、内製化に向けての問題点も明確になってきていました。その問題に向けて何をしよう、となった時、システムのリリースに関わるインフラ面に、自ら手を挙げて携わることになりました。作業としては担当したことがなかったのですが、自分がやってみたいと思ったことを、チームは受け入れてくれました。「これをやりたいです」と言ったら、「どんどんやっていいよ」って(笑)ブックリスタの行動指針でもある“挑戦を楽しもう”という社風も、その雰囲気から感じましたね。

──そういった挑戦や、躊躇いなく意見を言えることは、ブックリスタの良いところですね。

はい、それはとてもありがたいです。メンバーはみんな、サービスを良くしていきたいという共通の思いがあるので、誰もが自分の思っていることや考えていることを言える場があります。Slackでも突発的に話し合いが起こることがあり、みんなが意見を出し合って解決しています。私自身も、入社時は慣れなかった部分もありましたが、今では意見発信ができるようになってきたかなと思います。

──リモートワークなど、働き方はいかがでしょうか。

現在はほぼリモートワークですが、Slackでコミュケーションは取っていることや、週1回「auブックパス」の開発担当チームで進捗報告会などもあり、状況共有もスムーズに行える為、不便を感じたことはないですね。ただ、リモートワークだと、会話より文字でのコミュニケーションが多くなるので、文章の読みやすさは心掛けています。状況、理由、結論を簡潔に、相手に伝わりやすいように努めています。

──ブックリスタへ応募しようと思っている方へ、メッセージをお願いします。

ブックリスタは、”挑戦する”ということに対するモチベーションを妨げないというか、とても前向きに捉えてくれて、手厚くサポートをしてくれる環境があります。プログラミングやシステムに関して、何かをやりたいと強く思っている方は、ブックリスタに向いていると思います。ぜひご応募いただき、私たちメンバーのお力になっていただけたらと思います。

──ありがとうございました!

伊藤 沙紀 Saki Ito

2018年3月からコンパス株式会社で中小企業向けのwebアプリケーションの開発・保守を担当。主な使用言語はPHP。社内サイト用CMSシステムの開発や管理システムのリプレイスを経験して、2020年11月に株式会社ブックリスタへ入社。

Keyword

漫画/海外映画・ドラマ

Favorite book

『呪術廻戦(芥見下々)』、『ダンジョン飯(九井諒子)』

ブックリスタの求人
を見る

※現在の募集状況は[募集要項]をご覧ください。